着れる服がない!?

そんな悩みを持った方はいませんか?

中高年で、ちょっとぽっちゃり(小太り)の私。

世の中にいっぱい服があるのに、何を着ても似合わない!?

若い子の服、着たいけど、イタイいたいおばさんになってしまう(涙)

でも「ザ、マダム ファッション」には、まだちょっと抵抗が・・・

そんな悩める私のファッション奮闘記です。

ベルトとガードル 大事なアイテム

IMG_2169


背が高くてスタイルの良い人が、シンプルな服にちょっと派手なベルトをしてると

すごくカッコいいのですが、

これが、小太りさんとなると、話は全く違います。

まず、前述しましたが、必ず腰の部分は隠すこと。

ですので、ベルトはバックルのあたり(20センチぐらい)が見える程度です。

で、そのベルトも

存在は示すが、目立ち過ぎない」もの

やっぱりね、あんまりウエスト部分を強調すぎないほうが無難かなと思います。

でも、ちゃんとベルトをしてることがわかるようにしたい。

ちなみに、今、ウエストをリボンで結ぶってありますよね。

あれも、なんだか花魁のようになってしまって、ぽっちゃりさんにはNGかなと思います。


もうひとつ、大事なアイテム、それは「ガードル」

ぽっちゃりな方、経験ありませんか?

食事のあと、お腹が膨らむ・・・(悲)

ゆるいゴムのスカートをはいていたりしたら、本当にお腹がぽっこり!

これも前述しましたが、朝はシャッキリしてて良い感じだったのに、

時間とともに、全体的に、なんとなくだらけてくるのです。

(失敗談② 清楚をぶちこわすもの )

http://blog.livedoor.jp/koron1228-630324/?p=3

お腹まわりが露わになっていると、それがバレバレ。

それをくい止めるのが、ずばり、ガードル!です。

実は、正直に言いますと、私、ガードルって嫌いなんですよ。

窮屈だし、動きずらいしね。

でも、やっぱりウエストを出すときは、ガードルを履いたほうが良いと思います。

50代になると、体幹も衰えてきます。

ガードルはその体幹みたいなもの。

しんどいのは、自分の体幹がゆるんでいるから。

動きにくいのは、だらしない姿勢をとろうとしてるから。

そう考えたら、我慢できるかな。

あと気をつけるのは、ショーツの股上が深いものを選ぶこと。

ガードルでウエストの一番細いところが締まるように。

ショーツの股上が浅いと、お腹が段々畑のようになってしまいます(汗)

ショーツとガードルが一体化しているものも市販されてますよね。


人気ブログランキング

ウエスト出すのが苦手なあなたへ



今はウエストをインする時代。


「トップスの前だけインにして、後ろは出す」が流行ってますよね。

ファッション雑誌でも、モデルさんたちがカッコよく着こなしてます。

「足が長く見えます!」とか「お尻が隠せます!」とか書いてますが、

でも、実際どうなんだろう?って私は思うんです。

私は、町行く人のファッションを眺めるのが大好きなんですが、

「前だけイン」で素敵な人は稀(まれ)!

これが正直な実感です。

特にぽっちゃりな方の場合、マジでだらしないだけに見えます。

なので、私はやりません。

でもね、何とか、流行の風に少しでも乗りたい気持ちもあります。

で、ぽっちゃりなりの前だけインを考えてみました。

<前インのコツ>


IMG_2168IMG_2167



どうしたら、ぽっちゃりさんも前をインできるか?

実際やってみると、問題はうしろかな?と思いました。

腰のあたりがもっさり&太いウエストは実に見苦しい・・・

なので、ジャケットやカーデガンで、体の後方、つまり腰のあたりを隠すのが必須。

腰を隠していたら、前がインでもそんなに太さを感じません。

いや逆に、前をインしてトップスを短くしたほうが、足が長く見えます!

そこで大事なのがベルト。

みなさんは、ベルトってしますか?

私は、ウエストを隠して生きてきたんで、ベルトって必要なかったんです。

でもね、前だけインをするようになり、

さらに、最近のスカートって、ゴムが多いですよね?

ゴムのままでスカート履いている人もいますが、

ベルトがあったほうが収まりが良い
と思うんです。

前に「失敗談 柔らかいが落とし穴」で、何か硬い物を取り入れると良いと書きましたが、

http://blog.livedoor.jp/koron1228-630324/?p=3

ベルトも硬い物の一つです。

コーデを引き締める効果がありますね。

小太りさんの場合、羽織りもの必須ですが、こうして前インは不可能ではないのです。

 



人気ブログランキング

小太りさんのイメージは?

IMG_2075



昔、友達に

なんか、ウォンバットに似てて、可愛いね!」って言われたことがあります。

ウォンバットってわかりますか?オーストラリアに生息する有袋類です。

ウォンバットは確かにとっても可愛いです!

でも、それは「丸っこくって手足が短い」ゆえの、「素朴」な可愛さです。

体型そのものに、イメージってあります。

例えば、

背が高くてスラッ→爽やか、若い、知的、都会的

筋肉質でガッチリ→たくましい、頑固、重い、暑くるしい

小さくて華奢→可憐、か弱い、神経質、内向的

などなど、思いつくままに書いてみました。

じゃあ、私のような、小太り体型さんの場合はどうでしょう?

素朴、ひょうきん、親しみがある、平和的、のんき、庶民的、田舎っぽい・・・?

まあ、ざっとこんな感じでしょうかね(汗)

エレガントで、クールでカッコいい小太りさんも存在しているかもしれませんが・・

まあ、普通はナイですよね(涙)

好むと好まざるとを問わず、体型そのものがメッセージを発しているんです。

ウォンバットがカッコいい黒ヒョウのマネをしても、

その体型ゆえに、せいぜい太った黒猫ぐらいにしかなれないのです(涙)

とにかく、小太りさんは体型からすでにカジュアルです。

ですので、カジュアルな服装のとき、カジュアル一辺倒になってしまうと、

超田舎臭く、もっさりします。


カジュアルなときは、どこかに綺麗なものを入れるようにしましょう。

綺麗な色のバックとか、スニーカーでなくパンプスとか、白いシャツとか・・・

また、シャツなどもアイロンをかけて、清潔感を出しましょう。

いわゆる「きれいめ」なものが、小太りさんをアニマルの世界から救い出してくれることでしょう。

<写真>存在そのものが、美しいバックなど


人気ブログランキング






最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文