小太り主婦のファッションライフ NEW!

お問い合わせ等は、メッセージフォーム(非公開)をご利用ください。

着れる服がない!?

そんな悩みを持った方はいませんか?



中高年、おまけに、ぽっちゃり体型の私

とにかく、何を着ても、もっさりしてて、ダサイ・・

頑張りすぎると、イタイいたいおばさん?

でも、マダムファッションはまだ早いよなぁ



そんな、悩まやしい日々を送るあなたへ

実体験からの、生の声をお届けする、汗と涙の、ファッション奮闘記です

この秋に購入 タイトスカート

IMG_7451


こちらは、ユニクロのタイトスカートです。

名称は「リブスカート」

何でこんなに安いんですかね?ってくらいの、お値段(1,990円)です。

ハッキリ言って衝動買いですが、気に入ってます。


今はプリーツスカート全盛ですが、

ぽっちゃりさんの場合、流行に関係なく、

タイトなスカートは必需品だと思います。


下半身をボリュームダウンしてくれて、全身をIラインにしてくれます。


レビューを見ると、「去年のより短い!」というコメントが多いんですが、

私は背が低いので、丁度いいです。

やっぱり昨今は、長めに着こなす(ふくらはぎが隠れる)がカッコいいと思います。

(ユニクロのホームページを見ると、長めと短め、2種類あるようです)


このスカート、生地がリブなので柔らかく、着心地はとても楽です。

でも、その分、体型が出やすいと思います。

ポッコリお腹とかね。

でも、私の場合、「ウエストを出さない」と最初から決めているので、

まあ、これでもいいかなと思いました。


色はカーキー(ユニクロはダークグリーンと表示)をゲット

他にも、黒 アイボリー、ブラウン(私にはサーモンピンクっぽく見えます)などがありました。

ただ、スカートは面積が広いので、ぽっちゃりさんの場合、

基本、膨張色はやめたほうが良いと思います。



実は、カーキーのタイストスカート、既に持っているんですが、

生地が綿100%で、シワが気になって、ちょっと残念でした。

今回の生地は、シワを気にせず着こなせるところが、嬉しいです。


タイトスカートは、定番中の定番なので、

常に良い状態でキープし、古くなったら更新していきたいものです。

ただ、長さは、トレンドを意識したほうが良いと思っています。


夕べ、たくさん雨が降ってから、

ここ北海道は、急に涼しくなり(というか、夜は肌寒いくらい)

このスカートを着る日も、遠くないと思います。


人気ブログランキング


この秋用に購入 プリーツパンツ

IMG_7448


こちらは、先日ユニクロで買いました、プリーツパンツです。

ユニクロのプリーツは、太った私でも着こなせる貴重なアイテム。

特に、滝が落ちるような、この細いプリーツは、

細見えの優等生です。



今回は、色が決め手になりました。

すごく綺麗なグリーンです。

(でも目立ち過ぎない絶妙な色味)

トップを黒にしても映えますし、今流行りのベージュ系、

デニムにも合いますね。


でも本当は、パンツでなく、普通にスカートであって欲しかったかな。

単に好みの問題ですが・・・

しかし、ここら辺は妥協しました。

ただ立っているだけなら、パンツには見えません。



プリーツで気になるのは、洗濯後の状態。

プリーツが開いてしまったり、変なシワが寄っては困ります。

でも、ユニクロは「洗濯できるプリーツ」を豪語してるし、

似たような素材で色違い(テラコッタ色)のスカートは、洗濯機でガラガラ回しても大丈夫なので、

たぶんこれも大丈夫と信じてます。


さあ、これを着て、どこにでかけましょうか。

実りの秋が楽しみです。


人気ブログランキング


着やせコーデ 白シャツとワイドパンツ


IMG_7345

サッパリしてて、涼しげですね。

シャツは、去年、「コムサイズム」で、買ったものです。

このシャツ、後ろのほうが長くなっていて、

背中がまっすぐに見える、すごく、綺麗なシルエットなんですよ。

よくよく、考えられたデザインです。

色も真っ白でなく、ほのかに生成り色。

ミドルエイジでも、調和する白です。


パンツは、春に「grove」で購入したワイドパンツです。

落ち感が有り、細見えするありがたい存在です。


ネックレスは「GLOBAL WORK」です。


ということで、今日は、最近気に入っているお店の品を

かき集めたコーデになりました。


今日は、庭でトンボを見かけました!

朝は、霧が立ちました。

(私の住む地域は、秋に朝霧が立つんです)

秋は、すぐそこに、来ているようです。


人気ブログランキング


最新コメント
スポンサードリンク
メッセージ

名前
メール
本文