小太り主婦のファッションライフ NEW!

書籍化のお問い合わせ等は、プロフィール、または、メッセージフォーム(非公開)をご利用ください。

着れる服がない!?

そんな悩みを持った方はいませんか?



中高年、おまけに、ぽっちゃり体型の私

とにかく、何を着ても、もっさりしてて、ダサイ・・

頑張りすぎると、イタイいたいおばさん?

でも、マダムファッションはまだ早いよなぁ



そんな、悩まやしい日々を送るあなたへ

実体験からの、生の声をお届けする、汗と涙の、ファッション奮闘記です

小太りさんのイメージは?

IMG_2075



昔、友達に

なんか、ウォンバットに似てて、可愛いね!」って言われたことがあります。

ウォンバットってわかりますか?オーストラリアに生息する有袋類です。

ウォンバットは確かにとっても可愛いです!

でも、それは「丸っこくって手足が短い」ゆえの、「素朴」な可愛さです。

体型そのものに、イメージってあります。

例えば、

背が高くてスラッ→爽やか、若い、知的、都会的

筋肉質でガッチリ→たくましい、頑固、重い、暑くるしい

小さくて華奢→可憐、か弱い、神経質、内向的

などなど、思いつくままに書いてみました。

じゃあ、私のような、小太り体型さんの場合はどうでしょう?

素朴、ひょうきん、親しみがある、平和的、のんき、庶民的、田舎っぽい・・・?

まあ、ざっとこんな感じでしょうかね(汗)

エレガントで、クールでカッコいい小太りさんも存在しているかもしれませんが・・

まあ、普通はナイですよね(涙)

好むと好まざるとを問わず、体型そのものがメッセージを発しているんです。

ウォンバットがカッコいい黒ヒョウのマネをしても、

その体型ゆえに、せいぜい太った黒猫ぐらいにしかなれないのです(涙)

とにかく、小太りさんは体型からすでにカジュアルです。

ですので、カジュアルな服装のとき、カジュアル一辺倒になってしまうと、

超田舎臭く、もっさりします。


カジュアルなときは、どこかに綺麗なものを入れるようにしましょう。

綺麗な色のバックとか、スニーカーでなくパンプスとか、白いシャツとか・・・

また、シャツなどもアイロンをかけて、清潔感を出しましょう。

いわゆる「きれいめ」なものが、小太りさんをアニマルの世界から救い出してくれることでしょう。

<写真>存在そのものが、美しいバックなど


人気ブログランキング






あなたはりんご?洋ナシ?

<老いと闘い共存する>

ただ、小太りだけでも、難しい服選び。

それに輪をかけて、年齢による困難が襲い掛かります。

スタイル良い人だって、見た目の衰えは隠せない。

小太りなら、もう本当に立派なおばちゃんです。

体形が総崩れって感じ。

みなさんは、体重を測ってますか?

私は毎日測ってまして、まあ、体重だけ見たら40代の頃と変わりません。
(これでも頑張って、痩せようとしている)

でもね、50代になると何かが違う!

まず、胸。

胸が柔らかくなった?って気がするんです。

つまり張りがなくなって垂れている状態。

胸の一番高いところが低くなってる!

あと、見えないけど、背中。

背中に肉がシッカリついて、丸くなってる。

腰の上の方にもミッチリと・・・

当然、お腹もお尻も・・・

この「老い」と戦い、ときに共存しながら、何とか、小奇麗にまとまりたい!

これが私の願いです。

<あなたはりんこ?洋ナシ?>

みなさんは、自分の体形をご存知ですか?

太ってる、痩せてる、背が低い、背か高い・・・

いえ、そういう意味じゃなく、体の形

私は体重ばっかり気にしてて、体型というものを、あまり意識してませんでした。

ふと思い立って、メジャーで測ってみて、驚愕!

一番太いところが、なんと胸囲だったんです。

てっきり、ヒップだと思ってました。

中高年の体型は2タイプに分かれるそうです。

①リンゴ型・・・胴体が太い

②洋ナシ型・・・下半身が太い

私の場合、完ぺきなリンゴ体型でした。

実は、服選びも着こなしも、同じちびデブさんですが、体型によって微妙に違ってきます。

例えば、「締め色」(細く見せるための、濃い色)の場合、

りんごさんは、上半身に・・・

洋ナシさんは、下半身に・・・

そういう意味で、一度しっかりメジャーで測って、自分が何タイプなのか?を知りましょう。


人気ブログランキング










なぜ、このブログをはじめたの?

<ごあいさつ>

はじめまして 私は地方に住む、50代の主婦です。

もともと不器用というか、良く言えば一途な性格なのでしょうか?

子育て真っ最中の頃は、ホントにジーンズにパーカーで通してしまいました。

おしゃれする気はゼロ

子供服は買っても、自分の服は買わず、ファッションの流行ともかけ離れ、ひたすら子育てにまい進してきました。

その甲斐あってか、子供たちはそこそこに育ち、元気に巣立って行きました。

心に余裕がもてて、久しぶりにまじまじと、鏡を見てビックリ。

完璧なおばさん!がそこにいました。

もともと、美人でもないしスタイル良いわけではありませんでしたが、それでもショックでした。

「え?これが私?」

と同時に「ここであきらめたら、たぶんもう人生おしまい」と思いました。

ここから、私のチャレンジが始まりました。

<小太りの厳しい現実>

まず私自身のことを書きたいと思います。

身長 150センチ 

服のサイズ L

はい、ここでお分かりになると思います。

私はやんわり言えば「小太り」、ハッキリ言えば「ちびデブ」

最近は「ぽっちゃりさん」とか、非常に耳に優しい言葉がありますが、

とにかく、デブであることは間違いありません。

同じような体系の方はわかると思いますが、

小太り用の服はほとんど市販されていない」のです。

背が低くて痩せている方、太っていて背の高い方用ならあります。

ファッション界は小太りのことを忘れている?と思うほど。

なので、小太りな私たちは、店頭に並ぶ服の中から、何とか着られる服を探さなくてはいけません。

着たい服を着れない」これが小太りさんの悲しい現実です。

でもね、そんな私たちもオシャレを楽しみたい!

ということで、このブログを立ち上げました。


人気ブログランキング


最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文