着やせコーデ 無印の七分丈ワンピース

今日は、前回の記事↑の後日談です。


IMG_5171



このコーデね、写真で見ると良い感じだなぁと思ってたんですが、

着てみると、ちょっと違和感があるように思いました。やぼったいと言うか・・・


この無印のワンピースは、いわゆる「コクーンワンピース」です。

コクーンってね、繭(まゆ)のこと。

あの、富岡製糸場の女工さんたちが、一生懸命、絹糸を紡いだ、あの丸っこくて白いやつ。

つまり、繭玉のような、丸くてコロンとした形のワンピースなんです。

ウエストを絞らない、小太りさんには嬉しいシルエットです。


で、↑のコーデなんですが、先ほども言いましたが、

着るとね、なんとなくやぼったいし、オバサンっぽい・・・

「昭和の奥様の昼下がり風」とでも、言いましょうか・・・

いくつか、残念なところがあったようです。


まず、靴ですね。

私は3~4センチぐらいの、ヒールのパンプスを履いたんですが、これが☓!

ここはね、やっぱりスニーカー(白)を履くべきでした。

特に、レースのストールの場合、とっても女らしいので、

さらにパンプスを履いたら、女らしいを通り越して、オバサンっぽくなってしまいました。

全身を女っぽく決めてしまうのが「昭和」

女らしいアイテムを投入したときは、どこかに躍動感も入れるのが「令和」

スニーカーでないなら、サンダルですかね、カジュアルな。


あと、コクーンワンピースは、シルエットに丸みがあるので、長すぎるともっさり見えるんですね。

やっぱり、今のトレンドとしては、下に白いパンツでも履いたほうが、カッコいいみたいです。

昭和の好みで、トレンドを排斥したら、昭和っぽくなってしまいました(当たり前)


もう一つ、すっごく大事なことを知りました。

こういう、ナチュラル系のコーデを着るときに、かすかに感じてたことなんですが・・・

・・・・・ちょっと、私に似合わないような?・・・・

ナチュラル系はフリーサイズが多いし、小太りさん向けのテイストなんですが、

・・・・・なんとなく、いまいちのような?・・・・


正直、ナチュラル系から、撤退しようか?とも、思っていたのです。

でも、今日、気づいたんです。

原因は「髪型」だと。

こういう、ナチュラルコーデの場合、髪は「ゆるふわ」が原則。

お団子にして頭の上に乗せたり、後ろでまとめたり、ボブにしたり・・・

いろんな髪型がありますが、共通しているのは

「無造作」「あえて乱れ髪」「おくれ毛」。


私の現在の髪型は、どちらかというと、スーツと調和するような髪型。

曲線的でオーガニックな感じの「ふわっ」というよりは、

固く、直線的な感じ。

それなのに、服だけナチュラルだったので、なんかちょっと変!

ということに気づきました。

ためしに、ザクッと後ろで縛って、おくれ毛をたらしたら、

違和感はかなり減りました。


ご参考までに。

<続く>


人気ブログランキング