この頃思っているのですが、

いわゆるナチュラル系のコーデについて。

(ナチュラル系=ブランドとしては、「ナチュラン」「YARRA」にあるような、

自然派でほっこりした、森ガール(死語かな)っぽいコーデ)


私の町にも、そっち系のお店がいくつかあって、

まだ〇〇系とか、よく理解していない頃の私は、

お正月に福袋を買ったりしてました(今思うと無謀・・(汗))


ナチュラル系の良いところは、

ウエストをマークしないゆったりしたワンピースなど、

その基本的なデザインが、私のような小太り体型に着やすいということ。


着れる服が見つからない!と切実に思っていた頃は、

ナチュラルは救世主!と思ってました。


でも、この頃、「ナチュラル系はもうやめようかな」と思うようになりました。


一番の理由は、「自分の雰囲気に合わない」ように思うんです。

どんなコーデでもそうですが、コーデって、意外と、髪型が大事。

ナチュラルの場合、おくれ毛など、ふんわりした髪型にしないと不自然です。

ウェーブのかかった、柔らかい髪質の方にはピッタリです。


でも、私の髪は固くて多くて、

そのふんわり感がなかなか出しにくいんですよね。


あと、自分の顔とか体型が、

基本的に「曲線が苦手」なタイプ
であることがわかってきたんです。

シンプルな服が一番合うんですよ。

で、シンプルでもそれほど淋しい感じにはならないんです。

(はと胸で、豊満な胸なんで・・(汗))


骨格診断などに通じる話なんですが、

やっぱり、それなりに当たってるなぁと感じます。


もうひとつの理由は、単純に好みの問題。

私は、ほっこりした温かみのある色(茶色など)があまり好きじゃなく、

ブルーとか白とか、どちらかというと清涼感のある色が好きなんですね。

性格も、「ほどほどに~」が苦手な方です。


このような諸々の理由で、ナチュラルからは撤退しようと決めました。


コーデは年齢や体型だけでなく、「自分の雰囲気」も考慮しなくちゃいけないんですね。

あと、当然、「好み」も。


そう考えると、おしゃれって「自分を知る旅」なんですね。

自分をステキに見せるには、まず自分を知らないといけない。

思った以上に、奥の深い世界です。


人気ブログランキング