今日は、今年のニットについて、語ってみたいと思います。


まず、基本的に、案外、ニットって難しいアイテムです。

上手に選ばないと、ぽっちゃりさんの場合、「もっさり」になる可能性大。

太い毛糸で、ザックリ編んだようなものは、かなり厳しい
(開き直って着るケースもありますが)

濃い色で、糸は細いほうがスッキリ見えます。

でもあんまり薄手すぎると、体型が丸わかり。

体型を拾わない程度の厚みも必要で、ここらへんが難しいところ。


そんな中、今年のニットの傾向ですが・・・

今年のキーワードは「カーディガン!」


ちょっと、その前に、みなさん、
去年の秋冬、どんなニットが流行っていたか?覚えてますか?

ザックリ編んだアラン模様(縄編み)のセーターが、店頭を賑わしました。

その「アラン模様が、今年はカーディガンになってる!」

(私は去年で終わると思っていましたが、形を変えて、今年も来たよって感じ)

あ、でも、普通のニットも多くありますから、大丈夫。

ただ、全体として、えりの形は、Vネックが圧倒的に多いです。


それがさらに、

①コクーンスタイル(身頃が、繭のように丸っこい)

②ウエストをリボンで結ぶ(昭和のお金持ちのおっさんが、自宅で着てたような?)

③ロング丈のカーディガン(これまでの主流でした)


①②とも、長さは短いタイプです。


う~ん、何か過渡期って感じもします。

私は今年、黒いカーディガンが欲しかったんですが、どうしよう・・・

まだ、決めてませんが、とりあえず、今年の傾向でした。




人気ブログランキング