<帽子、脱ぎますか?>

もう一つの問題は、室内に入ったときです。

昭和生まれのみなさんは、親にしつけられたと思います。

家の中に入ったら、帽子を脱ぎなさい」と。

で、帽子を脱ぐわけですが、そこに試練が・・・

はい、せっかくセットした髪がペッちゃんこになっちゃうんですよね。

実はこれが、私が帽子に手が出なかった一番の理由です。

若い子なんかは、室内でも平気で帽子をかぶったままだったりします。

しかし、昭和生まれにはなかなかそれができない。

みなさんはどうされてますか?

テレビでは、帽子をかぶったままでトークしてますね、芸能人とか。

たぶん、今はその過渡期なんだと思います。

私は自分なりにルールを決めていて、やはり基本、室内に入ったら帽子を脱ぎます

ちょっとカフェでお茶ぐらいだったら、かぶってますが、食事をするレストランでは必ず脱ぎます。

みんながしてるから、してないからでなく、自分が一番落ち着くためにです。

でも、若い子たちに「帽子を脱ぎなさい!」と言う気もないです。

若い子たちの気持ちもわかるので。

まさに、50代は高齢者と若者のはざま・・・どちらの気持ちも理解できる微妙なお年頃ですね。
 

<ぺっちゃんこ予防法>

帽子を脱ぐと悲惨になる髪・・・

でも、ちょっとのくふうで、なんとかなります。

まず、浅くかぶること。

髪をぜーんぶ入れるのではなく、前髪は出したままにしておく。

帽子をかぶるというより、のせるようなつもりで。

一応前髪がキープされていれば、脱いでも、カッコはつきます。

又は、髪を帽子に入れ込むとき、本来の髪の流れとは反対の方向に流してかぶる。

こうすると、脱いだ時、髪が立ち上がり、ぺちゃんこになりません。

私はこの方法で、前髪の半分だけ出して流し、半分は帽子の中に入れています。

私は髪が固くて多い髪質なので、これでだいたいOKなんですが、

髪質によっては、もっと違う方法が有効かもしれません。

ネットで見ると、立ち上げるスプレーを使う方法なども紹介されてます。

とりあえず一個だけ購入して、いろいろ試して自分なりの方法をみつけるのが良いと思います。

それか、思い切って若者たちのように、絶対に脱がないとかね。


<買うのが恥ずかしい方へ>

最後に帽子選びについて。

まず、あまり凝ったデザインのものを50代がかぶると、まるっきり、おばあさんになってしまいます

デザインは、ニット帽とベレー帽があれば、とりあえず事足りるのでは?と思います。

基本の黒とかグレー、ベージュ、それに色を増やしていくだけです。

まあ、こうして帽子を他者におススメしている私ですが、

正直言いまして、いまだに、あの帽子専門のお店がどーにも苦手です。

店員さんが凝視するまえで、イロイロ試すなんて、やっぱりまだ恥ずかしいのです。

そんな私がどこで帽子を手に入れているか?というと、

ずばり、大型スーパーの婦人服売り場です!

ハッキリ言いまして、ニット帽とかベレー帽なんかは、どこで買っても同じです!

スーパーだと、店員さんも私をほっといてくれます。

心置きなく、いろんな帽子を試着できるので、安心して購入することができます。

最後に、中折れハットもありますが、私はまだ未体験です。

田舎では、まだつばの広い帽子は、まだかなりレアなんですよね・・・

とりあえず、ベレー帽あたりから、入るのが無難かなと思ってます。


人気ブログランキング