IMG_3593


これから季節は夏。

本州のみなさんは、すでに暑さを感じておられるかもしれません。

今日は、夏にふさわしいバックを考えてみたいと思います。

まず、最初に思い浮かんだのが、こちら↑

キャンバス地の白バックです。

これはあまり流行には左右されない、定番中の定番。

もっと小さい、トートバックもありますよね。

白いスニーカーと並んで、こちらも持ってるだけで、さわやかさMAX!

シンプル&カジュアルファッションの場合、

ほぼ、全ての服に調和するありがたい存在。

私も頻繁に利用してきました。


ただね、問題もあります。

まず、白い布なので、非常に汚れが目立つ。

特に持ち手の当たりとか・・・

バカな私は、「布なんだから洗えば良い」と思い、

洗濯機でガンガン洗い、脱水をかけてしまいました。

そうしたら、んん!?

何か、あんまり汚れが落ちてないし、型崩れしてシワくちゃに・・・(涙)

アイロンでしわをとろうとしても、元通りにはなりませんでした。

これは生地が「麻」であることが原因。

後で調べると「洗濯機はNG、基本手洗い」「シワができないように脱水しないで干す」

などなど、キャンパス地のバックの洗濯は意外と難しいし、細かい注意が必要なんですね。


そんなズボラな私が失敗から学んだこと

①キャンパス地バックの洗濯は、手洗いをする。脱水はNG。

②あまり汚れが落ちない&ヘタるようなら、あきらめて新調する。


ただね、正直なところ、キャンパス地バックは、もう年齢的に厳しいと感じてます。

ちょっと若作りが過ぎるような気が・・・

肩に掛ける大きめのキャンバス地バックが、カッコいいのは若い子のみ。

若い子なら、ちょっと薄汚れてても、よたってても、ご愛敬です。


新調するなら、小ぶりのトートタイプのものがふさわしいのかも・・と、思うこの頃です。


人気ブログランキング

<人気記事>

コーディネートを見直そう!①クローゼットが混沌としてませんか?
あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
イタイ若作り ②サンプルさんを探そう
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?
デニムについて ②小太りさん向きのデニム