失敗から学ぶ

ユニクロ ナロースカートの静電気対策

今年の春に買った(今でも店頭で売られてます)ユニクロのナロースカート

私はそのデザインが気に入って、カーキーとデニム、

色違いで大人買いしてしまいました。


ユニクロさん、ありがとう~

とても気に入ってるんですが、ただ、一つだけ難点が!


裏地がついてないんです。

なので、ストッキングを身に着けて履くと、

静電気が発生して大変!

特に、カーキーのものはすごいです。

静電気のせいで、スカートがめくれ上がってきます!ホントです!


ユニクロさんは、このスカートを、「素足で履く」を前提にしているんでしょうね。


でも(以前書きましたが)私はストッキング派

真夏でも、いや真夏こそ、サラリとした感触のストッキングが好きなんです。

また、このスカートは、タイツと合わせて他のシーズンでも履けるものだと思う。

素足だけ=夏だけなんてもったいない!


ということで、急遽、静電気対策をすることになりました。

まずね、「エレガード」を試しました。あのシューっとするやつ。

が、ぜんぜん太刀打ちできません。

一分で効果終了(涙)


次に考えたのが、「ペチコートを履く」なんですが・・・

まず、短いペチコートでは、(何も履かないよりはマシですが)やっぱりまとわりつきます。

すその方までカバーする、長めのペチコートならイイんですが、ここにも問題が!

このスカート、後ろにけっこう深いスリットが入っているので、

歩くとスリットからペチコートが丸見え!状態に・・・


これでもダメですよね。



こういうときは、「マジックミシン」(お直し業者)に神頼みなんですが、

単にすそ上げとは違うので、高~い(涙)


ということで、自分で何とかすることにしました。

しかし、本格的にキチンと裏地をつけるのは、難しいし面倒。

そこで試行錯誤の上編み出した必殺技がこちら↓

IMG_3681


手芸店で買った裏地をただベタッと縫いつけただけなんです、下の方だけ(汗)

そして上の方は短めのペチコートを履く!

なんだか謎な方法ですが、これなら私でも簡単にできました。


実際、履いてみましたが、特に問題なく、

そして、やっぱ裏地があるとスルスルして良い感じ~

これで夏以外にも履けるスカートになりました!


この経験から裏地の大切さが身に沁みました(涙)

スカートを購入するときは、デザインばっかり見てないで、

絶対確認しなければならないんですね、裏地。



PS:裏地を縫い付けるときは、スカートと同色の細い糸で、

できるだけ表に響かないように、小さくまつり縫いしてください。

また、あまり強く縫い付けず、すこしゆるいほうが縫い目が表に出ません。

そして、写真↓のように、スリットの部分もしっかり縫い付けたほうが、イイです。

IMG_3690



人気ブログランキング



コーディネートを見直そう!⑬あなたの定番服は?

バーゲンは本当に得なのか?
こまめに微調整してますか?

あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?


イタイ若作り ②サンプルさんを探そう

<認知のゆがみ>

これはいわゆる「認知のゆがみ」ですね。

自分の願望が、現実に勝り、認識となってしまっている状態です。

そして、この認知のゆがみが「イタイ若作り」を生み出しているんだと思います。


・・・もう立派なおばさんなのに、若い子の服を着たがる・・・

・・・全然、似合ってないのに、流行りの服を着たがる・・・


私はファッションに関心を持つようになって、いろんな雑誌を見るようになりました。

そこにいるのは、本当にスタイルの良い、綺麗なモデルさんたち。

「あ、これカワイイ」とか「あ、これカッコいい」とか

「あ、これなら私もイケるかも?」なんて思ってしまう。

そんなとき、私は、「20代のMサイズだった頃の自分」をイメージしていたんです。

現実は「市場で働くおばさん」なのにです!

はぁ・・・書いてて悲しいです。

でも、これがまさしく現実。目を背けてはいけない事実です。

自分をビデオに撮られて、少しでも違和感がある場合、

それは認知のゆがみが生じていると思います。



<サンプルさんを探そう>



では、どうすれば、イタイ若作りにならないでいられるか?

私は、「サンプルさん」を見つけることが大事だと思います。

みなさんのまわりにいませんか?

自分と同じような年齢、体型、雰囲気の人。

(芸能人ではダメです。綺麗すぎるから。本当に身近にいる人のほうが良いです)

私はママ友に、Mさんという方がいるんですが、

Mさんも、小太りな50代!

服を見るときに、このMさんを思い出し、

「Mさんがこれを着たら・・・」とイメージを膨らませます。

と、途端に、稲妻に打たれるごとく、我に返るのです。

「あ、こんな若者服、Mさんが逆立ちしたって無理だわ」と。(Mさん、ゴメン)
とにもかくにも、Mさん効果は絶大デス。
人は自分に対しては、どーしても甘くなります。

でも他者に対してなら、客観視できると思います。

イタイ若作り予防には、サンプルさんを通して、本来の自分を思い出す

これしかないと思います。

あと、自分の姿をビデオで撮るですかね・・怖いけど(汗)


人気ブログランキング

イタイ若作り ①客観視できてますか?


<衝撃の出来事>

このあいだまで、ファッションというものに全く関心が無かった私。

そんな私がオシャレに目覚め始めた頃、

衝撃の出来事がありました。

仲間と飲み会があったんです。

私はザックリしたニットにデニムのパンツで参加しました。

後で知ったんですが、その飲み会の様子を動画に撮っていた人がいたのです。

「え~撮ってたの~!」なんて笑いながら、動画を見ました。

見慣れた風景、見慣れた仲間たちの中に、見知らぬ人が・・・

はい、私自身です。

私は思わず息を飲みました。

そして思いました(正直に書きます)

「・・・・私って、醜い、おばさんだったんだ・・・・」と。

自分で書いてて、今でもツラいんですが、本当にそう思いました。

私としては、カジュアルな格好でいたつもりだったんですが、

動画に映っていたのは、「市場で働いてるおばさん」みたいな私だったのです。

 

<わかってなかった>

目があれば、人は何でも見ることができます。

でも、唯一見ることができないのは、「自分の姿」なんですね。

鏡に映った自分を見ることはありますが、

それは基本的に、正面からのみ。

横から見た自分は、想像以上に体に厚みがあり、胸は垂れてました。

後ろから見た自分は、想像以上に猫背で、髪もうねってました。

座っているとき、しゃべっているとき、笑っているとき・・・

「映されている」という意識がない自分は、

想像よりはるかに「庶民的なおばちゃん」だったんです!

私は自覚していたつもりでした。

私は太ったおばさんである」ことは。

友人にも「私なんかもうオバサンだし~あはは」なんて自虐ネタで笑ってました。

でも、心の映像として浮かぶ自分は、

キラキラした、可愛らしい、愛嬌のある、綺麗なイメージの自分でした。

肌にハリがあり、髪もキレイで、色が白い・・・でもちょっと、ぽっちゃりなのよねぇ・・みたいな。

つまり、太ったおばさんと、人生のピーク(30才ぐらい)の自分をミックスした自分をイメージしてたんです!

イタイ若作り ②サンプルさんを探そう



人気ブログランキング

ダウンのコート ①ウールが重くなってきた!?


IMG_2531


<ウールは重い>

この頃、私も衰えたなぁと実感することがありました。

先日、札幌の街をショッピングしながら一日歩いたんですが、

はぁ~、疲れる~疲れる~

フード付きのウールのコートを着ていたんですが、

「コートが重い~」「肩が凝る~」状態。

今までそんなこと思ったこともなかったんですが、

ウールのコートが辛くなってきたんです!

自分でもビックリですが、現実。

そう言えば、街を歩いていらっしゃるご高齢の奥様たちは、

みんな高級そうなカシミヤとか、ダウンのコートを着てました!

まさかそんな理由があったとは!

私も一応、ダウンのコートを持っているんですが(上の写真)

子供たちからは大不評。

「デブって見える」「黒いゴミ袋みたい」

と、いうことで、私は新しいステキなダウンコートが欲しい!と

街に探しに行きました。


<ダウンは防寒着>

ダウンを求めて街を歩いて感じたのは、

今はウールのコートが流行ってる」ということ(汗)

ダウンは無いわけじゃないけど、ウールのほうがよりトレンド!ってことでしょうか。

流れに逆行してますが、とにかくダウンがほしい私なので、

片っ端から試着しまくりました!

で、結論から申します。

「痩せて見えるダウンコートなどない!」

はぁ・・・・

確かにそうですよね、空気を膨らませてフヮッとしているから暖かいわけで、

ダウンに着やせを期待してはいけないんです。

スタイルの良い方ならダウンもオシャレアイテムの一つなんでしょうが、

小太りさんの場合、ダウンは100%防寒着。

小太りさんにとってダウンとは、

ゴーーーってね、猛吹雪の中、「もう他人が太ってようが痩せてようがどーでもいい!」とか

気温がマイナス20度で、「薄着してると命が危険!」とか、

そういうシチュエーションのとき、着るためのものです。

私は何十着も試着して、そーゆー結論に至りました(涙)

ダウンのコート ②おすすめなダウン


人気ブログランキング




失敗談② 色とあまい物の数

IMG_2406IMG_2415


<色の数>

とにかく、全体としてバラバラとして感じるのは、色の数が多いからなんだと思います。

上のコーデの場合、


コート・・・淡いベージュ

トップス・・・バーガンディ色(えんじ)

パンツ・・・淡いグレー

バックとブーツ・・・黒 合計4色

小太りさんの場合、3色までが限界かなぁと思います。

なので、パンツを黒にして3色にまとめると・・・

スッキリしませんか?

なんかこう、秋冬っぽい、シックなコーデに、雪のようにフワッと白いコートを羽織った感じ(笑)

左は何をしたいんだか?ですが、

右はなんとかまとまっていると思います。



<甘さの数>

もう一つは、甘さ&辛さ です。

甘いものの数が多いと、野暮ったくなります。

あと、面積が広い場合も。

年齢を重ねた50代の場合、

甘いものは一個だけ、そしてちょっぴり!

まるっきり、ダイエット、みたいですが、大事なポイントです。

左のコーデの場合、

①ふんわりした白いコート

②バーガンディのチュニック

③ショートブーツ

3つも甘くなってしまいました(汗)

ヒールのあるショートブーツは良いとしても、

それにエッジが丸くなっているコートと、えんじのチュニック・・・

どうすりゃいいんだって感じ(汗)

今回は、とりあえず、①と②は許すことにして、

ブーツをカジュアルな編み上げブーツに変更。

あ、だいぶマシになったかな。

ここで発見したんですが、チュニックと編み上げブーツってすごく相性がいいアイテムですね。

女っぽいチュニックの甘さを、良い感じで男っぽくしてくれてるし、

お互いカントリー風なので馴染みます。

正直、人におススメできるようなコーデではありませんが、

①  膨張色は1個だけ 
②  Iラインの細見え効果
②  色と、甘い物の数

小太り50代にとって、大事なポイントを確認できました。


今回も・・失敗から学ぶこと多し・・でした・・・はぁ

人気ブログランキング
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文