小太り主婦のファッションライフ NEW!

書籍化のお問い合わせ等は、プロフィール、または、メッセージフォーム(非公開)をご利用ください。

#50代おしゃれ

ミドルエイジとネイル

きょうは、ネイルのお話しをしてみたいと思います。

みなさん、ネイルなさってますか?


私は、仕事柄、ネイルはやらないと決めていて、

特に興味もなかったんです。

しかし、夏になり、サンダルを履くようになり、

ちょこっと出した足の指が「素」のままであることが、とても気になってました。


街を歩くと、綺麗にペディキュアをされてる人がいますよね。

私もそんな風になりたいなぁと思い、

とりあえず、家で塗ってみました(汗)

しかし!実際やってみてつくづく、「ペディキュアって難しい~!」と思いました。


まずね、足の先って遠いのです。「み、見えない!!」

このときほど、「ハズキルーペが欲しい!」と思ったことはありません。

(実際、それで、よく見えるかどうかはわかりませんが)

とにかく、私の視力だと、足の指の細かいところまではよく見えないのです。


そのせいもありますが、私の場合、「ぜんぜん綺麗に塗れない!」のです。

特に親指。

足の親指って、手に比べて大きいので、ムラなく、均一に塗るのがすごく難しい・・・

あと、甘皮処理とか、爪をやすりにかけるとか、

下準備がちゃんとしてないのも、綺麗に塗れない原因のようです。

当然、塗れば、剥げてくるわけで、また塗りなおさなければなりません。


老眼で面倒くさがりの私には無理だ・・・

どーしても塗りたいなら、ネイルサロンでプロにやってもらうしかない

という結論になりました(今のところ)


その希望の光、ネイルサロンですが、正直、ちょっと抵抗があって、まだ行けてません。

この汚い足を他人がマジマジ見るって、恥ずかし過ぎて死んでしまいそう・・・

ただ、ご近所のおばあさんが(本当に普通のおばあさんです!)

「ネイルサロンでやってもらったの」と、

しわくちゃの手に(ごめんなさい)綺麗にネイルしているのを見たことがあります。

私もやってやれないことはないのではないか?とも、思うんですけどね。


とにかく、そんなこんなで、ペディキュア無しでこの夏を乗り切ろうとしているわけですが、

実際、何も塗ってなく、サンダル履いている人も多くいます。

でもね、足の手入れ(ムダ毛や、かかとの角質の処理)をちゃんとしてたら、

そんなに見苦しいものでもない
ような気がします。


足の先に色が入る(ペディキュアを塗る)と、どーしても人の視線がそちらへ行きます。

そこが綺麗なら素敵だけど、汚かったら逆効果。

そういう意味でもプロに頼んだほうが良いのだろうなぁと思います。



いつか、このブログに、ネイルサロンの体験談を書けるようにしていきたいです。
(勇気があれば、今すぐにでもできることなんですけどね)


人気ブログランキング









ミドルエイジと白

白のカットソー

とても着心地が良くて、お気に入りのひとつです。

しかし、この夏で処分しようと思ってました。

一番の理由は「色」


なんか、白い服が似合わないなぁって感じるようになったんです。

白はレフ板効果があって、顔を明るくしてくれるんですが、

逆に、顔の問題(シミとかシワとか、くすみとか)も、ハッキリ見せてしまうんですよね。

まことに、オバサンであることが、浮き彫りに・・・


白には2種類あって、青味がかった白と、生成りっぽい白があります。

ミドルエイジの私には、「青味がかった白」が特に難しい・・・

(みなさんも白い服を買うときは、その色味を確認してくださいね)


また襟元が大きく開いた可愛らしいデザインも、

年齢的に合わなくなってきたなぁと感じます。


しかし!ちょっとした工夫でまだ着れる!ことを発見しました。

それはストール↓

IMG_5666




顔と白い服の間に、紺色のストールがあるだけで、

違和感を消してくれます。


また、可愛らしい襟も見えないようになってくれてます。


暑いですが、日焼け防止にストールを巻くことがよくあります。

ストールは、パステルカラーや花柄のふんわりした女らしいものよりは、

こういう濃い色のもののほうが、顔映えは良いように感じます。


(実はこのストール、処分するところ、染め直して使っています)


人気ブログランキング











白スニーカーに黒ソックス

IMG_4641

みなさんは、スニーカーを履くときに、ソックスって履きますか?

私は、パンツなどの時に、アクセントカラーのソックスを履いたりしますが、

くるぶしを見せるために、ソックスは履かないことが多いです。

(実は、ショート丈ストッキングを履いています。生足がどーしても苦手なので)


しかし、このあいだ、ストリートウォッチングしていて気づいたんですが、

黒ソックス+白スニーカーの人が結構いる!

(ほとんどが、若い女性です)

そして、それがとってもオシャレ!


そもそも、爽やか代表みたいな白スニーカーに、黒いソックスって、

昭和生まれの私としては、ありえない組み合わせ。


でも、本当にステキだったので、ちょっと真似してみました。

そしたら、まあ~良い感じ!

すっごくオシャレっぽくなりますし、黒の引き締め効果で、くるぶしが細く見え、

足元がスッキリ見えます。

そして、ソックスってちょっと子供っぽいアイテムですが、

黒だとシックにまとまります。

自分の足元を見て、目からウロコが落ちたのは久しぶり。


もし、ソックスのコーデに挑戦するなら、この黒ソックス+白スニーカーをおススメします!


人気ブログランキング












ナチュラルからの撤退

この頃思っているのですが、

いわゆるナチュラル系のコーデについて。

(ナチュラル系=ブランドとしては、「ナチュラン」「YARRA」にあるような、

自然派でほっこりした、森ガール(死語かな)っぽいコーデ)


私の町にも、そっち系のお店がいくつかあって、

まだ〇〇系とか、よく理解していない頃の私は、

お正月に福袋を買ったりしてました(今思うと無謀・・(汗))


ナチュラル系の良いところは、

ウエストをマークしないゆったりしたワンピースなど、

その基本的なデザインが、私のような小太り体型に着やすいということ。


着れる服が見つからない!と切実に思っていた頃は、

ナチュラルは救世主!と思ってました。


でも、この頃、「ナチュラル系はもうやめようかな」と思うようになりました。


一番の理由は、「自分の雰囲気に合わない」ように思うんです。

どんなコーデでもそうですが、コーデって、意外と、髪型が大事。

ナチュラルの場合、おくれ毛など、ふんわりした髪型にしないと不自然です。

ウェーブのかかった、柔らかい髪質の方にはピッタリです。


でも、私の髪は固くて多くて、

そのふんわり感がなかなか出しにくいんですよね。


あと、自分の顔とか体型が、

基本的に「曲線が苦手」なタイプ
であることがわかってきたんです。

シンプルな服が一番合うんですよ。

で、シンプルでもそれほど淋しい感じにはならないんです。

(はと胸で、豊満な胸なんで・・(汗))


骨格診断などに通じる話なんですが、

やっぱり、それなりに当たってるなぁと感じます。


もうひとつの理由は、単純に好みの問題。

私は、ほっこりした温かみのある色(茶色など)があまり好きじゃなく、

ブルーとか白とか、どちらかというと清涼感のある色が好きなんですね。

性格も、「ほどほどに~」が苦手な方です。


このような諸々の理由で、ナチュラルからは撤退しようと決めました。


コーデは年齢や体型だけでなく、「自分の雰囲気」も考慮しなくちゃいけないんですね。

あと、当然、「好み」も。


そう考えると、おしゃれって「自分を知る旅」なんですね。

自分をステキに見せるには、まず自分を知らないといけない。

思った以上に、奥の深い世界です。


人気ブログランキング

















着やせコーデ 中古年はボタニカル


IMG_5388


今日はバックが主役です。

このバック、もう何年も昔に、札幌の駅ビルで買いました。

完全に衝動買い。

よく見ると、赤いサクランボ柄なんですよ。

文字だけだと、

「赤いサクランボ?いい年したおばさんなのに、イタ過ぎる」

そう思うことでしょう。


でもね、このプリントの場合、

可愛いというより、美しいと感じます、私は。

原因は、葉もちゃんとリアルに描かれているから。

一応これは、ボタニカル柄の仲間だと思うんですよね。


ボタニカル=植物由来

普通の花柄とボタニカル柄の違い、わかりますか?

ボタニカル柄=花だけでなく、葉や茎も、ちゃんと描いているもの

葉が入ると、なぜか、ぐっと落ち着いて大人っぽくなるんですね。


中高年の世代がお花柄を選ぶ時は、このボタニカルを意識すると

違和感なく取り入れることができると思います。


と、言っても、やはり赤いサクランボはかなりのインパクト。

他は全てシンプルにしています。


黒のカットソー・・・GLOBAL WORK

デニムのパンツ・・・無印


この柄はやっぱり初夏が一番。

逆に初秋には使えない。

ボタニカルは植物をリアルに描いているので、

着物と同じで、着る季節を間違うと、ちょっと恥ずかしい
と感じます。

(私はすごく気になります)

逆に、短い一時期だからこそ、美しいのではないでしょうか。


こういうものを、時間をかけて、少しづつ集めていきたいです。


人気ブログランキング


最新コメント
スポンサードリンク
メッセージ

名前
メール
本文