コーデ

コーディネートを見直そう!⑳ セーター

秋冬も、コーデの大元は「デニムのパンツ」でした。

今回はそれに合う、ニットを考えたいと思います。

春夏は、カットソーとカーディガンだったんですが、

私の場合、秋冬に一番多く活躍するのが、セーターです。

それがこちら↓


IMG_E4041




なんてことない、襟元がラウンドの紺のセーターです。

GUで買ったものです。その前は百貨店の大丸だったかな。

はい、同じデザインの同じような色(濃紺)のセーターを

古くなったら更新しているんですね。

ちなみに、GUと大丸ってなんか両極端な感じがしますが、

2代目が、プチプラのGUでも、私は大満足です。

ホント、値段って関係ないんだなぁ



ポイントはまず生地。

体型が出ない程度に厚みがあり(薄いのはダメ)

かと言って、厚すぎない(コートの下に着るため)

この微妙な厚みが大事。


あと色なんですが、私は、紺は紺でも「深~い紺」が好きです。

やっぱり細く、締まって見えるから。

これは以前、骨格診断のところで書いたんですが、

私の場合、光沢のあるものよりマットなもののほうが合うので、

スェードみたいな、ブラックホール?みたいに光を吸い込むような色調を求めてます。

色に関しては、同じ小太りさんでも、個人差ありますよね?


あと、大事なのが襟元

これがね、意外と体に合ってないことが多いのよねぇ

広過ぎたり、ゆる過ぎたり、首元が詰まりすぎたり・・・

やっぱり試着してみて、首元が一番スッキリして見える襟のラインってあるみたい。

鎖骨がでるほどじゃないけど、詰まって顔が丸く見えてしまうのも☓


ちなみに、Vネックが似合う人はそれでもいいと思います。

私はなぜかVネックが全く似合わない人なんで、着ませんが・・・


あと、長さなんですが、

う~ん、背の低い人だと、普通のセーターだとちょっと長めになりますよね。

切るわけにもいかないし・・・

私はそのまま着てます。

パンツに合わせるのが基本なんですが、

微妙に長め、「足の付け根が、隠れる長さ」は良いと思います。


この足の付け根(又の部分)を、ギリギリのところで、セーターなどで隠すと、

目の錯覚で、足が長く見える効果があるんです!

ですからね、ちょっと長めでも良いかなと思ってます。


スカートの時は、折り曲げて着たりね、イロイロ工夫して着てます。


さあ、このプチプラGUセーターに、今年もいっぱい活躍してもらいましょう!


人気ブログランキング

コーディネートを見直そう!①クローゼットが混沌としてませんか?
コーディネートを見直そう!④あなたは何系?
コーディネートを見直そう!⑤「長く着られる服」って本当にある?
コーディネートを見直そう!⑦最低必要な20アイテム
コーディネートを見直そう!⑭ あなたに必要な服の量は?

50代の装い 年齢にふさわしく
アクセサリーの断捨離してますか?
ユニクロのチェックスカート 着やせアイテム
ボートネック、下着が見えないようにする方法
なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
バーゲンは本当に得なのか?
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?

50代 おススメめがね

今日はメガネのおなはし。

若い頃はね、とにかくコンタクト派だったんですよ。

メガネってインパクトありますからね

せっかくオシャレな服を着てるのに、メガネで台無し!

これ、よくあることです。


オシャレに無頓着の頃の私は、

とにかくハッキリ見えればヨシ!という感じで、服との調和とか、

似合ってるとか、似合ってないとか、そーゆーの全く気にしてませんでした

店員さんに、「あなたにはこれがイイ」と勧めらるままに・・・

なんといいますか、阿佐ヶ谷姉妹っぽい感じでした(ネタですよね?あれは)


で、オシャレに目覚め、メガネをなんとかしなくちゃ!ということで、試行錯誤の旅に・・・(汗)


メガネもね、服と同じで流行があるんですよ(昔の私は知らなかった(汗))

まず、ちょっと前まで、一世を風靡していた「ウェリントン型」↓

IMG_3993



そして、ウェリントンに似てますが、下の方が丸い「ボストン型」↓

IMG_3992


そして、こちらが現在、主流となってる「ラウンド型」↓

IMG_3994



わかりますか?メガネがどんどん丸くなっていること

ビートルズのジョンレノンが、小野ヨーコさんと仲良くしてた頃の
あの、まん丸メガネが現在のトレンドです。

でもまだウェリントンやボストンも、服に合わせて使ってます。

ただ、夫に「あられちゃんみたい」(古いなぁ・・)って言われる時があるんですよ。

フレーム全部が黒や茶だと、メガネのインパクトはとても強い。

年齢的に無理がある場合も多々あるようです。



この新しい眼鏡は、上の方だけ茶色のフレーム、下は透明なので、

一番顔には馴染んでいるようです(夫のイチオシ)

メガネも適度にトレンドを意識するとオシャレ度上がります。



みなさんも、ぜひ!


人気ブログランキング

ユニクロ ナロースカートの落とし穴
2018年秋の流行のパンツとスカート
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?


ボートネック、下着が見えないようにする方法
マンネリなコーディネートよ、さようなら
なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
バレエシューズ、おススメなのは?

バーゲンは本当に得なのか?
こまめに微調整してますか?




50代の装い 年齢にふさわしく

先日お店で服を見ていたら、

2人の女性がいらっしゃいました。(たぶん、アラカン?)


ナチュラル系のお店だったのですが、その方たちも、

ふわっとしたロングワンピに、籠のバック、ほっこりした森ガール風の靴

頭にはハットもかぶっておられました。

オシャレを楽しんでます!って感じで、とても幸福そうな方たちでした。


でもね・・・ごめんなさい

正直言いまして、ちょっとイタかった。

ナチュラル系の服はフリーサイズが多いし、着るのが楽なので

中高年の女性にも着やすいことは、私も知ってます。

でもね、上から下まで同じ系統で揃えてしまうと

キメッキメ!になってしまうんですよね。



不思議なことに、店員さん(20代)も同じように上から下までナチュラルだけど、

全然違和感を感じない!なぜ!?

服の主張を受けとめられる、「若さ」があるせいでしょうね。


私たち中高年は、同じテイストで上から下まで統一してはいけないと思うんです。

例えば、トップがナチュラルなら、ボトムはシンプルにデニムとか、

主張の強い物はひとつだけ、他のものは全てシンプルにするとか

とにかく、引き算のほうが綺麗だと思うんです。


中高年って、おしゃれしすぎか、しなさすぎのどっちかなのかなぁ・・

と思ってしまいました。



まあ、こんな風に偉そうに他人の批判をしてますが、

私自身もやらかしてると思います。


まさに、「人の振り見て我が振り直せ」です。



本当に、年齢にふさわしく、そしてステキであるって、とても難しい。

実際、街行く人をウォッチングしてても、

ステキな中高年って、本当に少数派。

難易度高いのです。



その前に、やっぱりどこか、自分の年齢を受け入いれてない自分がいる。


装いは、まさしく気持ちの表れ。

50代の自分に似合う服を探しながら、

50代の生き方を模索してる私です。


人気ブログランキング



ユニクロ ナロースカートの落とし穴
2018年秋の流行のパンツとスカート
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?


ボートネック、下着が見えないようにする方法
マンネリなコーディネートよ、さようなら
なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
バレエシューズ、おススメなのは?

バーゲンは本当に得なのか?
こまめに微調整してますか?












オシャレのコツ 微調整してますか?

IMG_3598IMG_3599


ここで2枚の写真をご覧いただきたいと思います。

これは上から下まで、ぜーんぶ同じコーデです。

でもね、何か違うと思いませんか?

上の写真、ギンガムチェックがちょっと長いです。


背が低い小太りさんの場合、

身長が低いのにLサイズを着ることが多くなり、

左のように、丈が長すぎる!という問題が多々発生します。

着れないことはありませんが、やっぱりバランスが悪いですよね。


で、すそ上げしたのが、下の写真。

突然、爽やかな初夏の風が吹くようなコーデに変身しました。

微調整、恐るべし!


でもね、そうはわかっていても、

これまで私は、何もしないで、ごまかしていることが多かったんです。

理由は、

お直しはお金がかかる!

ミシンを出して自分でやるのは、面倒くさい!


実は右の写真、手縫いですそ上げしてます。

私はほとんどの調整は、針と糸でチョチョッと縫っておしまいにしてます。



たしかに、手縫いは、ミシンに比べて強度は低いと思います。

洗濯を繰り返したら、ほつれてくることもある(実際はまだありませんが)

でも、ほつれたら、「また繕えばいいや~」と思ってます。


昔の日本にはミシンなど無かった。

みんな針と糸で着物を仕立てて、着ていました。

そして、現代の服は、寿命が短いです(流行の移り変わりが早い)

クタクタになるまで着る前に、役目を終える服がほとんどです。

ですので、それほど強度は必要ないと考えてます。


でも、キチンと体にフィットして、躊躇なく着れることが大切なので、

お直しは面倒くさがらずに、こまめにやったほうが良いと思ってます。




人気ブログランキング


コーディネートを見直そう!①クローゼットが混沌としてませんか?
あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
イタイ若作り ②サンプルさんを探そう
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?
デニムについて ②小太りさん向きのデニム

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文