小太り主婦のファッションライフ NEW!

書籍化のお問い合わせ等は、プロフィール、または、メッセージフォーム(非公開)をご利用ください。

#小太りファッション

春は色から入る


IMG_E4805


一週間、日本にいなかっただけで、季節が一気に春に向かっていることを感じます。

でもね、私の住む北海道はまだ寒い・・・

だいたい、根雪は解けたかなぁ

でも、3月の北海道は、まだ雪も降ったりする不安定な季節です。

こういうとき、何を着るか?なんですが、

私はとりあえず、「色」で春を迎えます。


寒いので、ニットやコートはまだ必需品。

でも、色だけちょっと春っぽくするというわけです。

実際、いかにも暖かそうな「ザ、秋冬コーデ!」の茶色などは、

早春の柔らいだ日差しの下では、もっさりとして汚く感じます。


こういう時、綺麗な色のニットセーターとか、

コートでも明るい色ならいいかなと思います。

ブーツも脱いで、スニーカーやパンプスなどで春を迎えましょう!

次回から、クローゼットを見直して、コーデも春にチェンジ!

この春夏も、適度に流行を取り入れ、小太りさん向きのコーデを模索していきたいと思ってます!


人気ブログランキング

ワンピースfromハワイ
自分の写真を撮りましょう
真冬に白スニーカー
コートの長さ
おすすめブラジャー


着やせコーデ 紺のコートと白ニット
着やせコーデ 靴下で遊んでみた
着やせコーデ 緑のニットをスッキリと

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?

真冬に白スニーカー



IMG_4641

私、白いスニーカーってね、春夏限定って思ってたんです

でも、雑誌で、冬のコーデに白スニーカーというのを見て、

私もちょっと挑戦してみました。


感想としては、「うん!良いね!」と思いました。

秋冬コーデって、足元、地味になりがちですが、

白スニーカーの爽やかさが、逆に新鮮ですね。


布でなく、合皮素材のスニーカーなら、

雪の降る地域でも大丈夫だと思います。


ただ一つ気になったのは、

冬、定番の厚手の黒タイツの場合。

たぶん、失敗コーデではない思いますが、

「真っ黒な足に、真っ白なスニーカー!」は、ちと目立つかなぁと思いました。

グレーのタイツのほうが、馴染みやすいのでは?と感じました。


よく考えると、私の秋冬コーデの足元は、

手抜きと言うかなんというか、99%黒!だったので、

これからは、少しづつ、バリエーション増やしていきたいと思ってます。




人気ブログランキング

2wayバックの活用法

特別扱いの服は要りません

なくなったピアスの見つけ方

バーゲンで買ってはいけないもの

保留箱のすすめ

着やせするのはどっち?ペンダントとネックレス


着やせコーデ ナチュラル服にはチェスターを!

着やせコーデ 今年一番の着やせ!


着やせコーデ 今年一番の着やせ!

着やせコーデ パーカーでコーデを軽くする
着やせコーデ ファーのスヌード
着やせコーデ ロングシャツの着やせ力!
着やせコーデ ベストをベストとして着ない

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?


着やせコーデ 男物には女を添えて


IMG_4640

基本的に紺色と茶色って相性良くて、個人的にも、大好きな色合わせです。


実はこのパーカー、夫のものです(汗)

ボトムが、スリムパンツの場合、

中途半端なレディースパーカーより、

ゆったりしたメンズ物のほうが、逆に良いんじゃないかなと思いまして。

お腹やらお尻やら、見せたくないものを全て隠してくれます!


ただ、こういう男物の場合、どーしても粗野になりがち

おまけに超カジュアルなジャケットを着ているので、さらに粗野。

乱れ髪で、薄汚れたスニーカー履いてたら、

完全に、人生に疲れたおばさん?になります。


と、いうことで、スニーカーは白、バックは綺麗なローズ色にしました。

パンプスでも良いんですが、白スニーカーもキレイ目アイテムですね。

一気に清潔感が出ます。


髪はしっかりトリートメントして艶やかに、

あと、耳にキラリと光るものがあると、ステキかも。

フランス語には単語に「男」「女」があるそうな・・・

同じように、服にも「男」と「女」ってあるな~って思います。

特に、男の服を着るときは、女アイテムを添えるといいなって思ったコーデでした。


人気ブログランキング

2wayバックの活用法

特別扱いの服は要りません

なくなったピアスの見つけ方

バーゲンで買ってはいけないもの

保留箱のすすめ

着やせするのはどっち?ペンダントとネックレス


着やせコーデ ナチュラル服にはチェスターを!

着やせコーデ 今年一番の着やせ!


着やせコーデ 今年一番の着やせ!

着やせコーデ パーカーでコーデを軽くする
着やせコーデ ファーのスヌード
着やせコーデ ロングシャツの着やせ力!
着やせコーデ ベストをベストとして着ない

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?

50代のグレーバーカー

今日も、新たな発見がありました。

地味な私のクローゼットの中に、ひときわ目立つ真っ赤なカットソー・・・


こういう、どこまでも主張の強い色ね、

年のせいかな?この頃、たま~に着たくなるんです。


やっぱり、元気な気持ちになりますよ、着るだけで。

でもね、下の写真のように、黒と合わせると・・・

IMG_4532



う~ん、鮮やかで綺麗だけど、ちょっとキツくないですか?

黒は、鮮やかな色をさらにクッキリと、引き立てるので、

こういう強い色に黒を合わせる場合、それに負けない強さが欲しい(着る人にね)



何とかならんもんかなぁ・・と

家にあるマフラーやストール、ファーなんかを合わせてみましたが、

一番、良かったのはこちら↓

IMG_4531


赤と黒の間にグレーを挟むと、自然に馴染みますね。

結構おどろきました。

赤「キー!」X黒「ガー!」←灰色「まあまあ、仲良くやろうよぅ」みたいな。

灰色ってケンカし合う色を仲裁し、橋渡しをすることができるんですね。


正直、50代になって、グレーのパーカー?もう卒業でしょ・・と思っていたんです。

普通にジャケットとして着ると、ババ臭くなっちゃってね、もうダメかと・・

しかし、こうして、コートの下の「仲裁役」として着るなら、

これからも良い働きしてくれそうです。


人気ブログランキング

コートをかっこよく着る方法
着やせするのはどっち?ペンダントとネックレス
ミドルエイジに似合う色
そのトップスは、パンツ用?スカート用?

着やせコーデ 紺パーカーで引き締め



着やせコーデ ダウンとフレアー

着やせコーデ パーカーでコーデを軽くする
着やせコーデ ファーのスヌード
着やせコーデ ロングシャツの着やせ力!
着やせコーデ ベストをベストとして着ない

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?


シーズン中に、もう一度、クローゼットを整理しよう

今日は、お気に入りのコートを処分しました。

濃紺のフード付きのウールのコート。

もう本当に大好きで、毎日のように着てました。

でもね、クリーニングを繰り返したせいかな?

なんか表面がザラザラしてきて、ブラシをかけてホコリを落としても

また、すぐに埃っぽくなってしまうんです。

まあ、要するに古びてしまったんですね。


なんか思い出がいっぱい詰まっていて、捨てるのが寂しいくらいなんですが、

いつまでも、ボロで小汚いコートを着続ていては、女がすたる!

今までの私だったら、

「もったいないから、今シーズンが終わってから、さよならしよう!」とか言って、

これはもうダメだなって思っても、未練がましく、着てたりしたんですが、

(そのせいで、どこかみすぼらしくなってたり)

やっぱりね、「もうダメだこりゃ」って思ったら、「その時に、その場で処分」したほうが良いですね。


そういう意味で、クローゼットの整理も、季節の変わり目だけでなく、

シーズン中にもう一度、見直したほうがいいんですね

(特にバーゲンなどが始まるころなど)


気に入ってもらえて、たくさん着てもらえて、コートも本望だと思います。

これからも、こういう古くなるまで着れるような、

納得のいく服を選びだしていきたいです。


人気ブログランキング

コートをかっこよく着る方法
着やせするのはどっち?ペンダントとネックレス
ミドルエイジに似合う色
そのトップスは、パンツ用?スカート用?

着やせコーデ 紺パーカーで引き締め


着やせコーデ ダウンとフレアー

着やせコーデ パーカーでコーデを軽くする
着やせコーデ ファーのスヌード
着やせコーデ ロングシャツの着やせ力!
着やせコーデ ベストをベストとして着ない

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編
着やせデニム ②小太りさん向きのデニム
イタイ若作り ①客観視できてますか?
あなたはりんご?洋ナシ?














最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文