#若作り

なぜ、イタイ若作りになってしまうのか?夕方が特にヤバイ編

みなさんは、朝起きたら、最初に何をしますか?

私はトイレに行って、そのトイレに飾ってある可愛い鏡を見て、

自分の寝起き顔をチェックします。


実は、私はこの時間が大好き!

寝起きなんで、ぼ~っとしているんですけどね、

でも、肌は最高に良い感じなんですよ!

寝る前に塗った美容液のせいなのかなぁ?

起き抜けの肌は、プリップリして、白くて、透明感!

まさに、マイナス5歳!

そして、その肌にメイクをして、服を着て、

「おお!イケてるじゃん」とウキウキして、

夫に「ねぇ ねぇ いいでしょ~?!」と上機嫌で、同意を強要(笑)


しかし、そんな私もお昼になり、トイレに立つと

「ん?」(なんか顔がくすんでる、化粧崩れ?)

夕方になると

「え?」(なんかとっても、ババ臭い、顔と服が合ってない・・・)


おわかりいただけますか?この現象。

これを「夕方老け」と言うそうです。

私の実感としては、

「朝はマイナス5歳でも、夕方になるとマイナスどころか、プラス5歳ぐらい(涙)」です。


若い子は、朝だろうが夜だろうが、ずっとピチピチ

年齢を重ねると、こんな悲しい状況になってしまうんですね。

特に暑い今の季節は、顕著です。


ごめんなさい、特に手立ては思い浮かばないんです(涙)

ざっと思い浮かぶのは、


効果が持続する美容液を投入する

できることなら、一度メイクを落として、1から塗りなおす
(修正不可能な気がするので)

服を着替える
(実はババ臭く見えるのは、服のシワもあると思うんです)

こんくらいでしょうかねぇ


あとね、この「夕方老け」を念頭に置いて、

やっぱり服選びも、年相応にすべきなんでしょうね。

朝の自分を基準にしないってことです。


ここ北海道も、昨日は34度とか・・・

全てのメッキは解け落ちる」と痛感する、この頃です。

ビタミンと睡眠を充分取って、内側から綺麗になりましょう。



人気ブログランキング

コーディネートを見直そう!⑬あなたの定番服は?

中高年の方に、おすすめのブラジャー sloggi
ユニクロ ナロースカートの落とし穴
コーディネートを見直そう!㉑ワンピースは「I」が一番!
暑い時こそ、ストッキング
バーゲンは本当に得なのか?
こまめに微調整してますか?
あなたはりんご?洋ナシ?
小太りさんのイメージは?
イタイ若作り ①客観視できてますか?
デニムについて ①デニムが難しくなってきた?

イタイ若作り ②サンプルさんを探そう

<認知のゆがみ>

これはいわゆる「認知のゆがみ」ですね。

自分の願望が、現実に勝り、認識となってしまっている状態です。

そして、この認知のゆがみが「イタイ若作り」を生み出しているんだと思います。


・・・もう立派なおばさんなのに、若い子の服を着たがる・・・

・・・全然、似合ってないのに、流行りの服を着たがる・・・


私はファッションに関心を持つようになって、いろんな雑誌を見るようになりました。

そこにいるのは、本当にスタイルの良い、綺麗なモデルさんたち。

「あ、これカワイイ」とか「あ、これカッコいい」とか

「あ、これなら私もイケるかも?」なんて思ってしまう。

そんなとき、私は、「20代のMサイズだった頃の自分」をイメージしていたんです。

現実は「市場で働くおばさん」なのにです!

はぁ・・・書いてて悲しいです。

でも、これがまさしく現実。目を背けてはいけない事実です。

自分をビデオに撮られて、少しでも違和感がある場合、

それは認知のゆがみが生じていると思います。



<サンプルさんを探そう>



では、どうすれば、イタイ若作りにならないでいられるか?

私は、「サンプルさん」を見つけることが大事だと思います。

みなさんのまわりにいませんか?

自分と同じような年齢、体型、雰囲気の人。

(芸能人ではダメです。綺麗すぎるから。本当に身近にいる人のほうが良いです)

私はママ友に、Mさんという方がいるんですが、

Mさんも、小太りな50代!

服を見るときに、このMさんを思い出し、

「Mさんがこれを着たら・・・」とイメージを膨らませます。

と、途端に、稲妻に打たれるごとく、我に返るのです。

「あ、こんな若者服、Mさんが逆立ちしたって無理だわ」と。(Mさん、ゴメン)
とにもかくにも、Mさん効果は絶大デス。
人は自分に対しては、どーしても甘くなります。

でも他者に対してなら、客観視できると思います。

イタイ若作り予防には、サンプルさんを通して、本来の自分を思い出す

これしかないと思います。

あと、自分の姿をビデオで撮るですかね・・怖いけど(汗)


人気ブログランキング

イタイ若作り ①客観視できてますか?


<衝撃の出来事>

このあいだまで、ファッションというものに全く関心が無かった私。

そんな私がオシャレに目覚め始めた頃、

衝撃の出来事がありました。

仲間と飲み会があったんです。

私はザックリしたニットにデニムのパンツで参加しました。

後で知ったんですが、その飲み会の様子を動画に撮っていた人がいたのです。

「え~撮ってたの~!」なんて笑いながら、動画を見ました。

見慣れた風景、見慣れた仲間たちの中に、見知らぬ人が・・・

はい、私自身です。

私は思わず息を飲みました。

そして思いました(正直に書きます)

「・・・・私って、醜い、おばさんだったんだ・・・・」と。

自分で書いてて、今でもツラいんですが、本当にそう思いました。

私としては、カジュアルな格好でいたつもりだったんですが、

動画に映っていたのは、「市場で働いてるおばさん」みたいな私だったのです。

 

<わかってなかった>

目があれば、人は何でも見ることができます。

でも、唯一見ることができないのは、「自分の姿」なんですね。

鏡に映った自分を見ることはありますが、

それは基本的に、正面からのみ。

横から見た自分は、想像以上に体に厚みがあり、胸は垂れてました。

後ろから見た自分は、想像以上に猫背で、髪もうねってました。

座っているとき、しゃべっているとき、笑っているとき・・・

「映されている」という意識がない自分は、

想像よりはるかに「庶民的なおばちゃん」だったんです!

私は自覚していたつもりでした。

私は太ったおばさんである」ことは。

友人にも「私なんかもうオバサンだし~あはは」なんて自虐ネタで笑ってました。

でも、心の映像として浮かぶ自分は、

キラキラした、可愛らしい、愛嬌のある、綺麗なイメージの自分でした。

肌にハリがあり、髪もキレイで、色が白い・・・でもちょっと、ぽっちゃりなのよねぇ・・みたいな。

つまり、太ったおばさんと、人生のピーク(30才ぐらい)の自分をミックスした自分をイメージしてたんです!

イタイ若作り ②サンプルさんを探そう



人気ブログランキング

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文